Home

ガイ 鬼 鮫

忍世界大戦 鬼鮫対ガイ その1 忍世界大戦 鬼鮫対ガイ その1 忍世界大戦 鬼鮫対ガイ その1. 【naruto】 干柿鬼鮫の最期 アニメ ずっと仲間を殺し続けてきたが、最後は仲間のために死ぬことが出来た。ということな. 水遁・五食鮫 -五匹の鮫を作り出し相手を喰らわせる術。 水牢の術 -敵を水でできた牢に閉じ込める術。内部からの脱出は困難。 水牢鮫踊りの術 -水中に鮫を放ち自由に動けない相手に一方的に襲い掛からせる術。 水遁・爆水衝波 -水のないところに大量の水を作り出す術。 水分身の術 -水で分身を作り出す術。 口寄せの術 -鮫を口寄せする。最期は自ら口寄せした鮫に自身を喰わせて自害した。. ガイとは先の木ノ葉潜入に続いて二度目の戦いであるが、鬼鮫の事をほとんど覚えていないようだった。 イタチの死 時は流れ、四尾の人柱力である老紫を単独で生け捕りに成功させた。. マイト・ガイ vs 干柿鬼鮫 フル戦い. アニメNARUTOでガイ先生と鬼鮫が戦うのは何話ですか? ガイ 鬼 鮫 第82話「写輪眼VS写輪眼! 今回はマイト・ガイについて詳しくまとめました。 熱血漢溢れる木ノ葉の里随一の男の凄さを分かって頂けたでしょうか?? 個人的には、好きという訳でもありませんが、第四次忍界大戦での活躍ぶりなんかを見たときには、感動しました。 やはり、最後のマダラとの戦いでの「八門遁甲の陣」を発動して、「夜ガイ」という強力な技をアニメで見ましたが、目をキラキラさせながらゾクゾクしながらガイの戦いに見入ってしまったのを覚えています。 当初は、マイト・ガイに関して何とも思わなかったのですが、後半からはガイの行動や登場にもだいぶ意識しちゃう様になりましたし、それだけマイト・ガイの存在キャラのレベルは高いものなんだと思いましね。 ボルト編に入ってからは、原作では少し年老いた感じでしたが、熱血ぶりは相変わらずですいし、アニメの作中では、とてつもなく元気であり、メタル・リーを遠くから励ましています。 また、ロック・リーが自分なりのやり方で息子に決闘を申し込み、見事メタル・リーが第一開門を開くことができ、ロック・リーとメタル・リーがガイの言葉に感動しながら胸に飛び込む姿もよかったですね。 今後、メイン的な戦いは無理でしょうけど、サブ的な人物として登場していくのがとても楽しみです。. チャクラが目に集まってることはマダラだから気付けたんだし 感知タイプでもないのに目も見ずに気付くのはそういう術使わんとダメやろ.

干柿 鬼 鮫とはnaruto-ナルトの登場人物である。. japanese anime naruto. そんな鬼鮫とマイト・ガイの戦いではマイト・ガイの技や強さの片鱗をご覧になることが出来ます! 出典: com そしてマイト・ガイの二つ目の戦闘シーンというのはナルトの物語の最終局面で登場する「うちはマダラ」との一騎打ちです!. 暁に入る前は情報が他国に漏れないようにするため仲間の護衛につき、暗号部が生きたまま捕まりそうになったり情報を吐くの防止するため仲間殺しの任についていた。そのため、イタチとは任務の為に仲間を殺したコンビということになる。 この時自分が手の汚れた任務を担当しているという自覚はあり、出来る限り自分を殺し偽りの存在であろうとしていた。同じ里出身で似たような境遇を経験している人物にはあの桃地再不斬もいる。 当時里が「血霧の里」と呼ばれていた元凶は当時四代目水影だったやぐらをトビが操っていたためであった。 やがて里を裏切っていた上司を殺害して鮫肌を入手(その時の鬼鮫の表情や使用した得物の刀を捨てる仕草から、上司に対して相当な憤りを抱いていたのがわかる)した際に正体を露わにしたトビから才能を見込まれ「偽りを演じる苦しみから解放してやる」とスカウトされたのが抜け忍となり暁に加入したきっかけである。 さらにトビは組織内でも限られたメンバーにしか話さない「月の眼計画」についても明かしており暁の中でも相当信頼を置いていた事がわかる。.

ここまで木ノ葉の忍が ナチュラル杉 と鬼鮫に同情しちゃうけど、自意識の強い鬼鮫と自分以外に余りにも無頓着なガイと、それをフォローするべく付き従うアオバ(アオバで良いんですよね. ガイ 鬼 鮫 鬼鮫に容赦ないとこ好き. 中の人、濃い忍者繋がり。. · ガイ VS 鬼鮫 吠えろ昼虎! トビの話ではイタチには恋人がいるらしいけど. 自称「木ノ葉の気高き碧い猛獣」。干柿鬼鮫からは「猛獣ではなく珍獣の間違いではないか」と揶揄されていた。また、リーのことを「ゲジマユ」と呼ぶナルトからは「ゲキマユ先生」と呼ばれている(普通に名前で呼ばれることもある)。 趣味はミット打ちと反復横跳び。好きな食べ物は激辛カレーライスとカレーうどん。嫌いな食べ物は「そんなものはない! 鬼鮫はもともと霧隠れの忍で表向きは護衛を務めていたが、その実どんな時であっても情報を守るため仲間殺しを専属任務としていた。国や里のために汚い任務をこなすうち、霧の忍でありながら霧の忍を殺す自分自身が何者なのかわからなくなっていき、自分自身を偽りの存在でしかないとしていた。 実はそんな自分に指示を出していたやぐらさえトビに操られていたのだが、暁にとって都合の悪い者たちを処理し終わるとトビがうちはマダラを名乗って姿を現し鬼鮫を自分の部下とし暁に入団させている。. マイト・ガイが担当する第三班に所属しているロック・リー、日向ネジ、テンテンがガイの部下であり、教え子である存在です。 その中でもロック・リーが特別でまさに愛弟子とも言える存在であり、同じ体術を極めんとするリーを気に入っており、個人的に修行をしたりとする場面もあります。. 自称「はたけカカシの永遠のライバル」(ガイ本人によれば「人は私達のことを永遠のライバルと呼ぶよ」とのこと)。対戦成績は50勝51敗。 ガイ 鬼 鮫 カカシにやる気がない上に、じゃんけんや大食いなど忍者としての技量に関係ない適当な物も含まれるため、一概にどちらが強いとは言えないが、カカシに匹敵する実力を持っていることは間違いなく、体術に関してはカカシをも凌駕している。 第二部の「風影奪還任務」時には暁にかなりの手練として警戒されており、雲隠れの孤島での戦いでは全開の状態ではなかったとはいえ鬼鮫と一対一で戦い、見事に勝利している。 ちなみにヴィジュアル的には、テンテンから「ガイ先生の完敗」と厳しく評されている。 カカシのライバルであると共に長年の戦友でもある。イタチ・鬼鮫戦でのピンチの場面で援護に登場したり、疲労困憊のカカシを羞恥を覚悟で抱えて木ノ葉の里まで連れ帰るなど、友としての存在も熱いものがある。 自身の技術・精神力の向上のために「自分ルール」なるものを発案し、修行の随所に取り入れるよう努めており、リーにも伝授している。 大体がカカシとの対戦で取り入れ、他愛のない勝負事にプラスアルファする。自分をあえて過酷な状況に追い込むことで、取るに足らないものでも真剣に取り組むことができ、なおかつ自身を鍛えることもできる、仮に負けたとしても、このルールを実行すれば次は勝てるという天国の未来を呼び寄せる究極の二段構えの修行法などとガイは熱弁していた。.

木の葉の蒼い猛獣マイト・ガイの体術で、八門遁甲・第六景門を開いた状態で繰り出す高速体術。正拳のあまりの速さに空気との摩擦で炎を宿し、空気を叩く衝撃波と炎で相手を破壊するその光景は、まるで孔雀の羽のように見える。我愛羅奪還任務で鬼鮫の象転の術によるなり代わりと戦った. って適当でスミマセン)がガイに負けず劣らずの天然で. よく考えたらnarutoのマイトガイは暁なら飛段、鬼鮫しか倒せないのでは? サソリの場合。幾らガイが俊敏と言えども傀儡や砂鉄、毒などの攻撃を食らったら死ぬのでは? その前に八問遁甲開かなくては朝孔雀、昼寅. イタチとパートナーを組むことになった際は好戦的な性格からかいきなり刃を突き付けているが戦闘には発展しなかった。この時にイタチの力を感じ取ったためかはわからないがツーマンセルで行動する際指揮はイタチがとっており鬼鮫は全面的に従っている。 自来也と戦った際イタチが撤退したことには意義を唱えたが指示に反することはなかった。また「なぜ退く必要が。アナタなら・・・」と口にしていることから自分よりもイタチの実力を高く評価しているのではないだろうか。. 干柿鬼鮫(ほしがききさめ)との戦闘・234話~235話・・・第六門『景門』 マイト・ガイが『八門遁甲の陣』をアニメで初めて使用したのは ”234話~235話” です。 単行本だと29巻の内容の一部になりますね!. 体術系を得意とするガイは、体術メインでの戦闘を行います。 自身の得意としている「八門遁甲」を使用しての体術を使用しており、暁に所属している鬼鮫との戦いの際は、八門遁甲の第六門を開き、「朝孔雀」という体術技を使用し、海の水を盛り広げ鬼鮫を撃退しています。 体術において右に出る者はいないとマダラに称される程であり、体術においての戦闘能力は全忍の中でもかなり上位の人間です。 第四次忍界大戦の際には、マダラとの戦いにて、「八門遁甲の陣」を発動させ、自身の最大技である「夜ガイ」を使用しています。 夜ガイは空間ごと捻じ曲げる程の攻撃スピードと身体が粉砕する程の攻撃力を持っており、それを受けたマダラに致命傷を負わせています。.

第四次忍界大戦の際に、マダラとの戦いにて右足が一生動かせない身体になってしまったガイですが、ボルト編に入ってから、車椅子で平和に過ごしている場面があります。 ロック・リーの息子のメタル・リーを小さい頃から見知っており、今後はメタル・リーの成長に大きく関わっていくのではないかと考えられます。 メタル・リーについて詳しく知りたい方は「【ボルト】メタル・リーの母親は!?メタル・リーについて詳しくまとめてみた!」に詳しくまとめていますので合わせてご覧ください。 修行などに関しては、片足でも十分に教えることができるので、下忍専門で、講師的な存在でいくではないかと思われます。 六代目火影であったはたけカカシとも、現在でも関係は良好でたまに一緒に散歩をしたりするので、重大な話に関しての相談役の形でも存在するのではないでしょうか? 新しい敵である「殻」のメンバーとの戦いは無理だと思うので、あくまでサポート役としてロック・リーや、メタル・リーの支援に回ると考えられます。 殻については「【ボルト】殻とは!?殻のメンバーについて詳しくまとめてみた!」に詳しくまとめていますので合わせてご覧ください。. 圧倒的な戦力差鬼鮫はまあ他国だからってギリギリ知りませんでした通用するかもしれないけどイタチ見てここまでイキったメンチ切れるのは流石三代目の息子という他ない 鬼鮫知らないのはともかくイタチいる時点で一. 鬼鮫はこれまで何度となく戦いを繰り広げ、その実力を知るガイに対し強力な術を発動するが、ガイにも隠された大技があった。 第469話. 霧隠れの里の抜け忍。霧の忍刀七人衆の一人で、「霧隠れの怪人」「尾の無い尾獣」と呼ばれる。水の国の大名殺し、国家破壊工作などの重罪を犯し、里を抜けた。 二人一組の相方であるうちはイタチに従順であるが、アニメではイタチの死後呼び捨てにする等の描写があり、何故従っていたのか定かではない。 外見はサメのようで、歯が全て尖っている(アニメのオマケで「(イタチが美形なのに対し)自分はイロモノだ」と気にしている)。 同じ霧隠れの里出身の鬼灯水月や長十郎も歯が尖っているため、霧隠れにはそういう血筋がある模様。 肌は青く髪の毛は藍色、目は黄色と思われる(アニメ)。爪の色は青紫。 物腰は紳士的で口調は丁寧。水遁を得意とする。 愛刀は大刀・鮫肌、斬るのではなくチャクラを削り食らう。 自らの意思を持っており、自身が気に入った存在しか使用者として認めない。柄にも刃が仕込んである。なお、鬼鮫は前任者の七人衆・西瓜山河豚鬼を殺して鮫肌を入手。鮫肌は河豚鬼も気に入っており、河豚鬼自身も鮫肌を使いこなしていた。 なお、鮫肌入手以前は細身ながら大振りの忍刀を愛刀としていたが、河豚鬼暗殺後に捨てている。 相手のチャクラを自分のチャクラに還元する能力を持ち、鮫肌の能力と合わせて膨大なチャクラ量を有するため、霧隠れでは「尾の無い尾獣」とも呼ばれている。 日向ネジの見立てでは、元の3割のチャクラでもうずまきナルトと同等。. 干柿鬼鮫の強さと忍術考察、マイト・ガイとの因縁とは? 霧隠れの里の抜け忍ということで、干柿鬼鮫の得意忍術はやはり水遁。 外見的にも鮫っぽい感じだし、ワンピースの魚人を彷彿としてしまうのはバトワンだけだろうか!. 巨大な体躯と莫大なチャクラを持ち愛刀・鮫肌と融合すると人柱並みの力を発揮することから尾を持たない尾獣とも呼ばれる。愛刀である大刀・鮫肌は四代目水影やぐら(を操っていたトビ)の命によって霧の忍刀七人衆の一人であった西瓜山河豚鬼(すいかざんふぐき)を殺して奪ったもの。 外見はもはや鮫そのもので青黒い肌に黄色い目、鋭くとがった歯が特徴。鮫肌と融合してエラ呼吸までしはじめた際はもはや人間なのかどうかすら怪しい生き物となったが、特に人体改造などを施されたなどの描写はない。. 霧隠れの里出身の元忍 刀七人衆で、暁のメンバー。 作中では主に、うちはイタチとツーマンセル(2人一組)を組んで行動していた。.

84 ID:55e2hmTq0 ガイを穢土転生させて八門開いたままが最強. 『ナルト-疾風伝』ガイ,キラービーvs干柿鬼鮫 (珍獣vs怪人! 8つある門の一つでもこじ開けると、それに比例して爆発的に戦闘能力を向上させる「八門遁甲」。 ですが、反面、使用した際には、門の大きさに比例して身体中に痛みを走らせ動くこともままならない状態になります。 最大のデメリットとしては、八門の最後である心臓部の「死門」を解放することですが、最強に近い戦闘能力を向上させるかわりに、必ずその後は死ぬというデメリットがあります。.

ガイと尾獣化した鬼鮫が戦えばガイ先生とは実力差歴然となるところでしたが、 鮫肌がいち早くビーの元へ逃げたので対等になれました。ホッ チャクラを吸い取られたビーと言い、ガイvs鬼鮫という舞台を上手く作りあげましたね. ガイとの激闘の末、ついに捕らえられた鬼鮫。アオバはその鬼鮫から“暁”の情報を抜き取ろうと記憶の中へと入り込む。かつての鬼鮫は、霧隠れの里で、仲間殺しなど裏の仕事をこなしてきた。仲間にとって敵なのか味方なのか、どこに向かっているのかもわからない自分を「偽りの存在」で. 元々はアカデミーの入学試験に落ちるなど忍術に関しては全く才能のない男であったが、血の滲むような努力と不屈の根性によって体術のスペシャリストまで上り詰めた。また、リーと違って一応は忍術を使うこともできる。リーには強い影響を与えており、自分と同じく忍術の才能がなかった彼に「努力」と「自信」の重要性を教え勇気づけた。自分と真正面から向き合い、接してくれるガイの情熱と懐の深さにリーは感動し、髪型から格好まで感化されるまでに至る。 リーを本人が目指す忍者へ育て上げることに師匠としての立場を超えて入れ込んでいる節があり、危険な「八門遁甲」の術を年若いリーに教えていたことについてはたけカカシに「見損なった」と難詰された際に、「おまえがあの子の何を知っている? 木の葉崩し編の直後イタチと共に木の葉の里に訪れた際ガイの木ノ葉剛力旋風に蹴り飛ばされていることをはじめ、第二部に入ってからは毎度のようにガイと対峙している。 鬼鮫はガイのことを珍獣と呼び覚えていたがガイは全く覚えていなかった。アニメでは第二部の我愛羅奪還編で戦った際このくだりがしつこくなっているが結局ガイが鬼鮫を思い出すことはなかった。しかし鬼鮫が情報を守るため自害したときはその死に様に敬意を表し一生覚えておこうと言われている。. ガイ>鬼鮫>ビー>万華鏡サスケ ヤバすぎでしょ.

鮫肌による膨大なチャクラ量やハイレベルかつ大規模な水遁術など作品内でも最強候補に挙げられやすいキャラの一人であるが、そんな彼にも弱点があった。 ガイ 鬼 鮫 それはいかなる戦法もチャクラ在りきで使用するものが多いため、チャクラに依存しない戦法をする忍には相性が悪い事。それでも並大抵の相手であれば地力もあって早々遅れは取らないが、そのチャクラに依存しない戦い方をする体術使いの頂点とも言えるマイト・ガイはまさに鬼鮫メタと言っても過言ではないほどの天敵。 過去に何度か交戦しているが、ろくに名前や存在を覚えてもらえず「珍虫」「ふぐ」などひどい言われようである。これは直感的に相手の本質を見ようとするガイにとって、自分を偽りの存在として立ち位置が定まらない鬼鮫が印象に残りにくい為。 またいずれの戦いもまともにダメージを与えられないまま一方的に敗北を喫している。 忍界大戦編を前にした3回目の戦いで相性の悪さと弱っていたことも災いしついにガイに捕えられる。山城アオバが脳を探り暁の秘密を探ろうとしたところを舌を噛み切って意識を取り戻し、秘密を守るため自身を水牢の術で閉じ込め、自ら口寄せした鮫に食わせて自決するという壮絶な最後を遂げた。 死に際にイタチと「人間死ぬまで自分が何者かわからない」「一度でも仲間に手をかけたものはろくな死に方をしない」と自分の在り方について話していた過去を思い出し、自分も仲間のために動けた事に誇らしげであった。 ガイもその生き様に敬意を示し、干柿鬼鮫という名前をしっかりと心に刻む事を約束した。. See full list on xn--v8j5ercz82o4x4ay9rg2i. 65: 風吹けば名無し /06/19(金) 00:56:40. 鬼鮫も後半まで強いままだったけど、ガイはガチで強すぎだろ 398: 名無し暇つぶさん /05/30(土) 17:58:31. その数日後には里に侵入した暁のイタチと鬼鮫と対峙し追いつめられるも、カカシと紅との連携やガイの救援もあり2人を撃退した。 ガイ 鬼 鮫 第二部では新術を開発する過程で風の性質変化の修業をしていたナルトに、カカシの紹介で習得のコツを教えた。.

」と本人談。 なお、船酔いしやすい体質のようで、ナルトの護衛のために船で雲隠れの里にある孤島に向かった時は船酔いでダウンしていた。. 暁の鮫 ガイの最初の一撃で、鬼鮫は滝の岸壁に埋まった。 すぐにビーと が追い付き、鬼鮫が暁のスパイであることを知らせる。 と、鬼鮫の身体と一体化していた“鮫肌”が、鬼鮫の身体を離れてビーに迫った。 See full list on narutonti. マイト・ガイは木ノ葉隠れの里の忍です。 木ノ葉の里の中で一番熱血漢のある人物で、外見は眉毛が濃く、オカッパ頭をしており、ロック・リーの大人バージョンでもあります。 自称「木ノ葉の気高き碧い猛獣」と言っています。 常に一張羅の緑色の全身タイツを着ており、その上に木ノ葉のベストを羽織っており、ネジやテンテンからは半分呆られています。 周りの人間が恥ずかしくなるくらいの熱い言動を発しており、常に青春を謳歌する忍でもあります。 第三班に所属しているロック・リーのことを他の下忍の人間達に比べ大切に考えており、愛弟子的存在で、ロック・リーにだけ個人的に修行をつけたりしている場面もありますね。 体術をメインとしており、第四次忍界大戦の際、復活したうちはマダラとの戦いの際には、「体術においてお前の右に出る者はいない」とまで言わせる程の実力者。 体術がメインですが、忍術を使うこともでき、亀との口寄せ契約もしておりカカシのライバルとしてさすがともいえます。 はたけカカシについては「【NARUTO】はたけカカシの必殺技&師弟関係について詳しくまとめてみた!」に詳しくまとめていますので合わせてご覧ください。 第四次忍界大戦では、十尾の人柱力になったマダラとの戦いで、「八門遁甲」の死門まで開き、「八門遁甲の陣」を発動させマダラに致命傷を負わせました。 その後、命の灯状態だったマイト・ガイはナルトの手により命を食い止め生き永らえました。 第四次忍界大戦終結の後には、右足のつま先が壊死しており、右足の骨も完治しない状態になってしまい、忍者生命を絶たれました。 現在は車椅子に乗って木ノ葉の里で平和に過ごしています。. CV:江原正士、牧口真幸(少年期) 【第三班】(ガイ班)の担当上忍。 木ノ葉の里一の熱血漢で、愛弟子のロック・リー以上の濃ゆい眉毛とオカッパ頭が特徴的。常に一張羅の緑色の全身タイツ(スーツ)の上から木ノ葉の忍者ベストを羽織っており、両足にはオレンジ色の脚絆を着用している。周りの人間が恥ずかしくなるくらいの熱い根性・言動・性格の赴くまま永久に青春を謳歌する濃厚忍者。もう30歳なのに. NARUTO ガイ班 木ノ葉隠れ ロック・リー 日向ネジ テンテン はたけカカシ マイト・ダイ 干柿鬼鮫 アニナル-アニナルスタッフにおいてガイはネタキャラにされたり、主要人物となるなど スタッフ達からは愛されているキャラクターである。 雷ぞう(ONEPIECE). 少年期の際には、まだまだ未熟で体術もままならぬ人物でした。 が、父親であるマイト・ダイの姿を見ながら成長した為、次第に実力がついていきます。 その上で、努力家だったマイト・ダイは唯一20年懸けて「八門遁甲」の技を体得しており、すぐに息子であるマイト・ガイに惜しみなく全てを伝えた為ガイも扱う事ことができます。 父親を見習った、努力による基本体術があってこそ、「八門遁甲」を扱うことができたと言っても過言ではありません。 マイト・ガイにとって父親の存在はとても大きなものとなっています。.

naruto506:ガイVS鬼鮫!! なんだか暑苦しい珍獣どうしの闘い・・・いや、一言で言うとガイ先生こんな強かったんだ、こんな美しかったんだ・・・と(いやルックスの話ではなくて←おぃ) 体術をあそこまで極めると あれだけ超人的な力を手に出来るのかと・・・ガイの技はまさに芸術。. · ガイ VS 鬼鮫 吠えろ昼虎! トビの話ではイタチには恋人がいるらしいけど. ガイ 鬼 鮫 See full list on dic. · この時鬼鮫はガイと命をかけて戦った. イタチ&鬼鮫vsアスマ&紅とかムリゲーすぎんだろ・・・ アスマはこの二人相手に何故かイキり始めるし 紅はイタチ相手に幻術やりはじめるし カカシは途中参戦したけどイタチにフルボッコにされるし マジでガイが来なかったらオワてたな. 鮫肌を使って相手を削りチャクラを奪うほか、水のないところでも自身の水遁で大量の水を発生させて高位の術を使用することができる。さらに鮫肌と融合することでエラ呼吸を可能にし奪ったチャクラを即座に自身に還元できるようになる。 チャクラ量は三割程度の力しか発揮できない象転の術の状態ですら普段のナルトに匹敵するほどで、人柱力にも匹敵すると言われていることからも作中トップクラスだと思われる。. ! 【忙しい人のための】やっぱりサメ野郎ですねェ・・・【鬼鮫vsビー】 アニメ 昨今の鬼鮫ブームに乗っかって、vsキラービー戦をうpします。.

木ノ葉の忍の中でも珍しい熱血的な性格をしており、とても目立ちたがり屋でおっちょこちょいな部分もあります。 会話自体も極端なノリで話すので、ネジやテンテンにいつもツッコミを入れられていますね。 ただ、上忍だけあって時には冷静な状況判断や対応ができており、冷静な部分もあります。 物覚えが悪く、基本的に対峙した人間の事こともすぐに忘れてしまう程の記憶力。 ですが、自分が覚えておくと思った人間に対しては絶対に忘れない性格です。. · 鬼鮫ってガイ以外で勝てる奴そうそういないだろ 116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします /05/01 23:24:05 ID:Y418p0e+0 >>112. マイト・ガイにとっての師匠は、父親のマイト・ダイであり、ダイから全てを学んでおります。 ガイの生き方は信念は父親を見習ったものです。.

ガイは暴れる鬼鮫を再び取り押さえようとした。 だが、鬼鮫は『水牢の術』で自分を覆い、ガイの攻撃から身を守る。 しかし鬼鮫の体力も既に限界に達しており、またもや意識を失いかけてしまう。.



Top news